【素敵な結婚式の作り方】 最近増えてきました。人前式についてです

最近増えてきました「人前式」です。
この形式は、神様に誓うのではなく、ゲスト皆さんに二人の愛を誓うという形です。
自由に形が出来るので人気が出てきています。
また宗教色がなくなることも利点です。
では以下が詳細です。

1.人前式のプログラム

人前式は自由な形式で演出できることから、最近、注目を集めています。二人の創意工夫で企画・演出しますが、参列者がとまどうような奇抜な演出は逆効果の場合もあります。

2. 自分たちの創意工夫で 演出できるのがメリット

家族や親族をはじめ、親しい友人の前で結婚を誓い合う人前式挙式は、もちろん特定の宗教に依存しません。媒酌人を依頼するかどうかも本人しだいです。まったくの自由なスタイルで、二人らしい結婚式を挙げられる点が注目を集めている理由です。
決まった式次第はないので、二人でアイデアを出し合ってプランニングをします。じっくり時間をかけ、どれだけオリジナルの演出を盛り込めるかがポイントになってきます。

3.自分たちならではの感動的な演出プランを

人前結婚式は二人のアイデアで式を進めること一ができるわけですが、結婚式という厳粛さをきちんと残すような進行プランを心がけましょう。

●誓約式で「誓いの言葉」を述べる
●みんなの前で、婚姻届に署名・捺印
●結婚指輪の交換

などは一般的な演出プランです。
ところで人前式のよさは、結婚する二人がひな壇に収まっているのではなく、自由に動けることです。
参列者に溶け込んだり、参列者参加型の演出プランも可能。創意と工夫で、自分たちだけではなく参列者にとっても、一生心に残る感動的な演出プランを考えていきたいものです。
なお、式の会場はそのまま披露宴会場として使用することが多く、挙式と披露宴を分けずに、披露宴のパーティーを進行させながら、誓約式や婚姻届への署名を行なうといった方法もあるようです。

4.誓いの言葉の例
本日ここに、私たちは、皆さまを証人として、晴れの結婚式を挙げさせてもらうことができました。心より感謝申し上げます。これからは、二人でカを合わせ、夫婦円満であたたかい家庭を築き、人生の苦楽をともに歩んでいくことを、ここに誓います。
平成○○年○月○日
都香 宏
合田真理子

5.年配者の理解が得られない
オリジナル・ウエディングが注目を集めているとはいえ、それは比較的若い人の間でのことです。年配者にはまだまだ違和感があることでしょう。しかし、何に誓いをたてるかで挙式のスタイルが異なるだけですから、「今日の挙式はみなさまを証人として、みなさまの前で結婚を誓う」という趣旨をしっかり説明し、理解が得られるように努めましょう。

6.人前式のプログラム(一例)

1 新郎新婦の入場
参列者が先に入場し着席したら、ウエディングマーチや二人の好みの曲が流れるなか、参列者の拍手に迎えられて新郎新婦が入場します。

2 開式宣言
司会者が開式を宣言する。あわせて、参列者に対し、本目の人前式挙式について趣旨説明をします。

3 新郎新婦の紹介
立会人代表(媒酌人)あるいは司会者や親しい友人などが新郎新婦の紹介役を引き受けます。また、自分で自己紹介をしたり、二人が互いを紹介し合うといった演出も可能です。

4 誓約式
新郎新婦が誓いの言葉を読み上げ、参列者の前で永遠(とわ)の愛を誓います。なお、二人が声をそろえて読み上げるのが一般的ですが、それぞれに誓約書を用意し、新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、あるいはそれぞれの両親に向けて誓いをたてるという趣向もあります。

●参列者参加型の結婚承認式の演出
司会者が参列者に向かって、「みなさんはこの二人の結婚を認めますか?」と問いかけます。参列者の盛大な拍手をもって承認に代えたり、もっと厳格にするときは、「結婚承認書」などの用紙を配っておき、承認のサインをもらうなどの演出もできます。

5 婚姻届の署名・捺印
参列者の前で、新郎新婦が婚姻届に署名・捺印し、続いて立会人代表が証人欄に署名・捺印します。司会者は参列者に婚姻届を披露し、二人の結婚成立を高らかに宣言します。

6 結婚指輪の交換
新郎、新婦の順に、相手の左手薬指に指輪をはめます。
※交換する・しないは自由です。

※ここで、誓いのキスを入れるカップルもあります。

7 乾杯
参列者全員で乾杯し、二人の結婚を祝う。夫婦の契りの杯の交換という三三九度的な演出方法もあります。

8 二人からのお礼の言葉
お礼とともに「これからも変わらぬ、よき指導とおつきあい」をお願いします。新郎だけではなく、新婦からもひと言添えます。

10 退場もしくはそのまま披露宴に移る
司会者が閉式を宣言します。拍手のなか、新郎新婦が腕を組んで退場し、続いて参列者も退場します。

*引き続き同じ会場で披露宴を行なう場合は、参列者はそのままです。
新郎新婦はお色直しなどをして再登場します。
最後に人前式ウエディングは、当グループも最得意分野です。
是非ご相談していただければ希望通りの結婚披露宴が出来ること間違いありません。
どうぞよろしくお願いします。

お二人らしい演出で、結婚式を盛り上げてみてはいかがですか。
結婚式で演出だけでも、弊社は喜んでお手伝いさせていただいています。
お気軽に、ご相談ください。
色々な発想でお二人にお二人らしい演出を、ご提案させていただきます。
ご相談は、無料ですからご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせは以下からお願いします
皆様にお会いできること楽しみにしています。
メール      tsuga@wedding-soramame.com
お電話        092-201-3637
ブライダル直通  090-6467-4729
fax          092-631-5031

トップページ

お電話以外の場合は折り返しこちらから確認のご連絡いたします。
以上の手段でよろしくお願いします。

お電話以外の場合は折り返しこちらから確認のご連絡いたします。
以上の手段でよろしくお願いします。