結婚披露宴にて新郎新婦様がお座りになる席を高砂とよびます。

ゲスト席よりも一段高く、金屏風の前に座ります。

今回は高砂という言葉についてご紹介します。

o0640048012925936051

高砂という言葉は

兵庫県高砂市にある高砂の浦にて、老松の精が

相生「相(あい)ともに生まれ、生きて老いるまで」の

老夫婦となって現れたという故事にならって

世阿弥が作った能楽曲が由来です。

この能楽曲では国と民の繁栄をテーマにしており、

この曲の一部を祝儀の場で仲人が歌うことがあります。

 

高砂は砂が盛り上がって小高くなった所を意味する言葉です。

また、人生でいかなる困難があっても人は必ず元の姿に戻っていく、

めでたいところに納まっていくという意味もあります。

他にも、高砂の松は、芽が出てから風雪に遭い、幹が曲がっても、

頭の部分は根元と同じ場にある姿を意味しています。

一年中緑の松は長寿の象徴、雌雄が別株であり夫婦を連想させることなどから

夫婦が一生添い遂げるようにという願いが込められています。

 

お二人が出会うまで、そして出会ってから結婚するまで

さまざまな困難があると思いますが

結婚式当日は皆様に祝福され、今までで一番幸せな日になります。

そんなお二人の席が高砂と呼ばれるのは

高砂がもつ、必ずめでたいところに納まるという意味を

あらわしているようでとても素敵ですね。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ



ノンカフェイン・ノンカロリーのお茶でおなかの健康を。お試しコースございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。