新婦様がドレスを身につけている際に

頭につける飾りのことをヘッドドレスと呼びます。

ヘッドドレスには先日ご紹介したティアラの他にも

クラウン、カチューシャ、ボンネ、生花などがございます。

o0640048012925936051-150x150

クラウンは西洋の冠のことで、王冠のような飾りをしています。

権威や名誉をあらわすものとして使われていました。

中でも小型のミニクラウンが人気があります。

カチューシャは、少女のようなかわいらしさを演出できます。

素材やボリュームなどで表情を変えることができる魅力的なアイテムです。

 

ボンネとはボンネットの略で、柔らかい布や毛糸でつくられた

つばのない婦人用のヘアキャップのことです。

幅広く厚みがある小判型をしており、

ウエディングドレスにあわせて白っぽい布張りにレースなどで装飾しています。

クラシックで清楚、エレガントなイメージを演出できるアイテムです。

 

ブーケとおそろいの花で作った生花のヘッドドレスは

さまざまなアレンジができ、自由度の高いアイテムです。

大輪の花を用いると大人っぽいイメージに、

小花を散らすようにつけるとかわいらしくなります。

 

ヘッドドレスはドレスやヘアスタイルとのあわせ技で

新婦様の表情をより華やかに彩ることができるアイテムです。

なりたい雰囲気を想像しながら、選んでいきましょう。

o0640048012925936052-150x150

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ


海外から輸入したアクセサリーから日本で作られたハイクオリティなアクセサリーまで

お祝いやプレゼントに素敵なアクセサリーを検索できます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。