結婚指輪の内側のデザインと太さは

着け心地を決める大切なポイントです。

今回は、指輪の内側のデザインについてご紹介します。

0f4282cd35da57288f89ca4de0213343_s

まず、表面と裏側が緩やかにカーブしているデザインを内甲丸といいます。

内甲丸は指に接する部分が丸みを帯びていますので

肌当たりが柔らかく、滑らかな指通りがお好きな方におすすめのデザインです。

 

次に、アームの真ん中が少しくぼみ、縁がややせり上がっているものを逆甲丸といいます。

個性的でスタイリッシュなデザインですので、クールなイメージがお好きな方におすすめです。

甲丸よりカーブがフラットになったデザインを平甲丸といいます。

丸みが少ないため、どんな装飾にもマッチします。

 

また、角を丸くしない指輪がございます。

これは平打ちとよばれるデザインです。

太く見えますので、しっかりとした指通りがご希望の方におすすめです。

これら4つの内側のデザインは指にあたる面積は少ない順に

内甲丸、逆甲丸、平甲丸、平打ちとなっています。

 

内側のデザインをどうするか、また太さをどれくらいにするかは

実際にご試着されてみて、指に最も心地よい指輪をお選びください。

結婚指輪はずっと身に着けていたい指輪です。

ぜひ、お気に入りの指輪を見つけられてください。

54c0f463

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。