ウエディングブーケにはさまざまな種類があります。

好みや衣装にあわせて、お好きな種類を選びましょう。

今回は種類と形をいくつか紹介します。

丸い形をしたブーケはラウンドといわれています。

花の種類や色によって多彩な表情をする

オールラウンダーなブーケです。

カラーなどの茎の自然なラインを活かしてつくられたブーケは

アームブーケと呼ばれています。

花数は少なめ、細く見せるブーケですので

シャープでスタイリッシュなイメージにぴったりです。

 

また、片手でぎゅっとつかめるほどの花を束ねたブーケは

クラッチブーケと呼ばれています。

ブーケ・ブートニアの由来にまつわるブーケです。

結婚式でブーケ・ブートニアの儀式を行う際に使われています。

しずくの形をさかさまにしたブーケはティアドロップと言います。

流れるようなラインが特徴のキャスケードと違って

ティアドロップはやわらかく小ぶりなイメージです。

大人っぽさとかわいらしさを両方演出することのできるブーケと言われています。

リース(リング)はクリスマスリースように

リング状に花を編み込んだブーケです。

リング状は「途切れない永遠の愛」を表すといわれています。

リースブーケはカジュアルな雰囲気におすすめです。

 

この他にもさまざまな種類がございます。

ぜひお気に入りのデザインでブーケを作られてはいかがでしょうか。

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメントは利用できません。