人前式やキリスト教式の結婚式では

新婦様の今までの人生を表すバージンロードが

とても重要な意味をもちます。

今回は会場選びの際、バージンロードを見学するときの

ポイントをご紹介します。

o0640048012925936051-150x150

バージンロード見学のポイントの一つは

その距離がちょうど良い距離かどうかです。

ちょうど良い長さは歩くスピードやドレスによって異なります。

長いベールやトレーンが特徴的なドレスの場合は

少し長いと感じる距離であるとドレスが美しく見えます。

結婚式当日はゆっくり歩いていきますので

会場見学の際にもゆっくり歩いて確かめてみましょう。

 

次に、二人で並んで歩きやすい幅かどうかです。

バージンロードは二人横に並んで歩くことが前提です。

もし幅が狭いとボリュームのあるドレスだと歩きづらいですし、

ゲストの皆様から御姿が見えないということになりかねません。

ドレスを美しく見せるためには幅広さが大切です。

 

また、自分のイメージにあった床の色、素材かどうかもポイントです。

床の素材が絨毯などの場合、

ベールが引っかかって歩きづらく感じるときもありますので

ドレスの素材に応じて床を考えてみてはいかがでしょうか。

つるつるとした床であると、ドレスが引っかかりにくいので

歩きやすいと言われています。

 

バージンロードを見学する際には

長さ、幅、自分のイメージにあっているかの3つがポイントです。

また、ドレスによるところも多かったですね。

見学の際に、これらのポイントを踏まえて見てはいかがでしょうか。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。