結婚式で結婚指輪をのせる小さなクッションを

リングピローといいます。

リングピローに欠かせないアイテムがリボンです。

今回はリボンがリングピローに欠かせないその理由をご紹介します。

0f4282cd35da57288f89ca4de0213343_s

古代ヨーロッパでは、自分たちを一つに結ぶ約束を

リボンや縄で表現していました。

紐(knot)は、結束のシンボルとされていました。

英語の熟語「tie the knot(紐を結ぶ)」は

「結婚すること」を意味する言葉です。

 

指輪は、かつては商取引の約束の際にも使われていたものであり、

その貴重性から結婚の取り決めにも使われるようになりました。

自分の財産ともいえる指輪を花婿が花嫁へ贈ることで

愛の誓いを示していたといわれています。

0f6d905bb149a3941b9757843af9858a_s

その後、指輪とリボンの二つの習慣が

指輪交換の儀式となって現在まで続いてきました。

「結束」を表すリボンをリングピローに飾り、

そのリボンが「誓いの証」である指輪を結んでいます。

 

最近では、手作りのリングピローが増えてきました。

リングピローを手作りなさる際には

ぜひ「結束」をあらわすリボンを飾られてみてはいかがでしょうか。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ


ドーパミンの基となるLドーパ、そしてすべての必須アミノ酸を豊富に含むムクナ豆で素敵な暮らしへ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。