青空が少しずつ広がり始めました。

今日は良い天気になりそうですね。

まだまだ寒いですので、お体ご自愛ください。

新婦様のドレスのトレーンや長いベールの裾を

入場の際にもっていただく係をトレーンベアラーと呼びます。

ベアラーとは「運ぶ人・持つ人」の意味があります。

華やかな格好をした2人のお子様に参加していただくことが多いです。

女の子にとても人気のある役目ですが

海外では男の子の役目とする国もあるそうです。

 

トレーンベアラーはヨーロッパ貴族の習慣から生まれました。

貴族の間ではトレーンの裾の長さは家柄の格の高さ、

貴族的な豪華さ、上品さを顕すものと考えられていました。

トレーンが長くなる分、ドレスは重たくなります。

そこで貴族たちは子どもの召使いに持たせることにしました。

この習慣にならって結婚式でもトレーンベアラーの役目ができました。

 

子どもたちが結婚式に参加することのできる演出のひとつで

とても和やかな雰囲気をつくることができることでしょう。

ゲストの皆様にお子様がいらっしゃる場合、ご検討なさってみてはいかがでしょうか。

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメントは利用できません。