結婚指輪の内側に宝石を入れることがあります。

これはシークレットストーンと呼ばれているものです。

誕生石や石の意味で選んだ石を入れます。

誕生石は各月に割り振られた石のことをさします。

各日にちに割り振られている場合は誕生石日といいます。

誕生石の基準は

1912年に「米国宝石商組合」が定めたものを基に、

「アメリカ宝石小売商組合」など複数の団体が、

1952年に改訂したものになっています。

しかし、各国によって選ばれている石は異なります。

日本の場合、アメリカの誕生石を基にして

1958年に基準が発表されました。

それからパワーストーンブームが起こり、

翡翠やシトリン、タンザナイトなども加わりました。

現在、日本での誕生石は以下のようになっています。

 

1月ガーネット

2月アメジスト

3月アクアマリン コーラル ブラッドストーン

4月ダイヤモンド

5月エメラルド ジェイド(翡翠)

6月パール(真珠) ムーンストーン

7月ルビー

8月ペリドット  サードニックス

9月サファイア

10月オパール  トルマリン

11月トパーズ  シトリン(黄水晶)

12月ターコイズ(トルコ石)  ラピスラズリ タンザナイト

 

ご自分の誕生石やお二人の記念日のある月などにあわせて

シークレットストーンをご検討なさってみてはいかがでしょうか。

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメントは利用できません。