2月がスタートしました。

本日から暦の上では春になります。

暖かい日も少し増えたような気がします。

本日は結婚指輪をおくリングピローについてご紹介します。

実は昔のリングピローは今の倍以上あったそうです。

これにはある素敵な言い伝えがございます。

そもそも結婚指輪をおくリングピローは古代エジプトから始まりました。

エジプトでは結婚式を行う間、装飾された枕状のものに

宝石などをのせていました。

そして、のせている宝石を王族へ直接手渡しで献上することは

失礼と考えられ、ピローにのせたままお渡ししていました。

これがヨーロッパの結婚式の指輪交換で

ピローを使う由来になったといわれています。

 

今のリングピローは一般的に約15~20cm程度の大きさです。

形もさまざまで四角いもの、ハート型、飾り付きなど

本当に多種多様です。

手作りされる方も多いですね。

実は昔のリングピローは今のリングピローの倍以上の大きさがありました。

大きさとしては小さなクッションサイズです。

中に羽毛をつめているものもあったそうです。

指輪二つにたいして考えるととても大きいですが

これには次の言い伝えが関係しています。

 

結婚式で新郎新婦様の指輪をおいていたリングピローを

お子様が生まれたときに「ファーストピロー」枕として使いますと

そのお子様はこれから先もずっと幸せでいられます。

 

このお話の起源がどこか定かではありませんが

リングピローは新郎新婦様が永遠の愛を誓った瞬間を一番近くで見ています。

そして皆様からの祝福を浴びて、愛と幸せをたくさん吸収します。

愛と幸せがつまったリングピローをお子様の枕にすることで

お子様にも幸せが伝わるというものです。

 

リングピローをご用意される方は結婚式後も大切にお使いください。

幸せが皆様へと伝わっていきますように。

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメントは利用できません。