神前結婚式で誓詞奏上の後に

「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。

この儀式は神前に玉串をお供えする儀式です。

o0640048012925936051-150x150

玉串とは榊(さかき)の小枝に紙垂(かみしで)をつけたものです。

神前結婚式だけでなく、あらゆる神事において

玉串は用いられています。

玉串奉奠には玉串に自分の心をのせて

神前にお供えするという意味が込められています。

 

玉串のお供えの仕方は

まず、巫女から玉串を受け取ります。

右手で根元を上から、左手で葉を下から支えるように持ちます。

神前に進み一礼したら、玉串を時計回りに回し、

根元を自分の前に、葉を神前に差し出すようにします。

そして、自分の額に玉串を近づけるように掲げ、

これからの末永い幸せを祈念します。

 

祈念後は元の高さに降ろし、今度は左手で根元、

右手で葉の方を持つように手を替え、更に時計回りにします。

根元が祭壇を向きましたら、神前に一歩進み

玉串を胸の高さに掲げ、玉串案にお納めします。

最後に、二礼二拍手一礼をします。

 

これから末永く、幸せに暮らす願いを神に捧げる玉串奉奠は素敵だと思います。

玉串奉奠は結婚式に限らず、行われる儀式ですので

その作法をぜひマスターしましょう。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

コメントは利用できません。